フォトギャラリー   モスクワ / サンクトペテルブルク

栃ノ心関のふるさと
ジョージアのワインについて
  ジョージア(グルジア)はワイン発祥の地 
黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方(現在のジョージア共和国)は世界最古のワイン生産地で「葡萄発祥の地」とも言われています。

お問い合わせ・ご注文は、
下記までお電話か FAX、メールにてお願いいたします。
電話 ・ FAX:011-707-9722
e-mail:jessapporo@mbr.nifty.com
アイユーラシア株式会社(日本ユーラシア協会札幌支部)
送料は北海道内一律¥650(12本まで同額)
サペラヴィ  (¥2,000​)
ジョージ原産のブドウ・サペラヴィ種を100%使用。やわらかなタンニンとほどよい酸味、フルーツの香りが後味に長く残るバランスのとれた辛口の赤ワイン。    
ピロスマニ(赤)(¥2,000​)
ジョージ原産のブドウ・サペラヴィ種を100%使用。赤ワインとしては珍しい遅摘みのブドウを使用した食前酒・食後酒としても楽しめるやや甘口のワイン。
ツナンダリ (¥1,500​)
ジョージア原産のルカツィテリ種を85%、ムツバネ種を15%使用。すっきりとした飲み口にフルーティーな香りが引き立つ辛口ワイン。ジョージアの白を代表する銘柄。
ピロスマニ(白)(¥1,800​)
ジョージ原産のムツバネ種を70%、ルカツティリ種を30%使用。やわらかな口当たりに穏やかな酸味と爽やかな甘味が魅力の甘口の白ワイン。女性にもお薦めです。
  ご質問など
新大関 栃ノ心関のふるさと
ジョージアのワインについて
​今から5000年以上​前、シルクロードの西端コーカサスの山々から湧き出る清水で育った、世界最古のブドウの原種から生まれた秀逸なワインです。